事務未経験 40代 女性

事務未経験40代女性でも転職に成功するコツとは?!

事務未経験の40代女性でも事務職やデスクワークに転職したいと希望される方は多くいます。
でも実際の転職ではブランクがあったり事務未経験者は大きな不安がありますよね。
しかし諦めないで下さい!。
パソコン操作や資格、自己PRや履歴書の書き方ひとつで転職に有利になるものなんですよ。

40代事務未経験者でも転職可能な事務職種とは?

事務未経験の40代女性でも事務職やデスクワークに転職したいと希望される方は多くいます。
ただ事務未経験の人は、実際の社会でどんな事務職があるのか知らずに漠然と「事務員に就きたいなぁ・・」という人が多いのです。
ひとくちに事務職と言っても、事務の職種は多種多様です。
大きな会社では、一般事務、経理事務、人事や総務にまで分かれていますし、小さい会社なら少ない人員で全ての職務をこなしていくのが現状です。
事務職ではありませんが、CADオペレーターや電話オペレーターなどデスクワークの職種も多く存在しています。
事務職に転職したいのなら、まず自分の就きたい職種を決め、それに向かった経験や資格の勉強をするのが先決なのです。
では一般的によく求人があり、事務未経験におすすめのデスクワークをご紹介していきます。

 

一般事務
経理事務
CADオペレーター
DTPオペレーター

事務員転職に有利なおすすめの資格とは?!

事務未経験からの事務職転職には、やはり資格があった方が有利でしょう。
では、どんな資格を取得すれば良いのでしょうか?。
資格というものは、いくら頭が良くても受験できない受験資格というものが存在することがあります。
資格の勉強をする前に、自分に受験資格があるかどうか確認することが必要になってきます。
ここでは基本的受験資格が無い、誰でも受験できる資格をご紹介します。
MOS
簿記3級
建設業経理士2級
危険物乙4
宅建士などがおすすめです。

 

事務未経験者が事務員転職に絶対やっておくべき事とは?!

事務職に転職するのに絶対と言っていいくらい必要な能力があります。
それは「パソコン」の実務です。
私も総務で事務職を働いていますが、パソコンが使えない人はまず不採用になります。
会社での実務は会社に入ってから覚えることが出来ますが、パソコンだけは会社に入って覚えるのでは遅すぎます。
なので面接に行く前に、ある程度パソコンだけは使えるようになっておきましょう。
パソコンを使えるレベルと言っても、もちろん人によって幅があります。
ハイレベルな技能は要求しませんので、簡単なエクセル初級程度の能力があればいいでしょう。
ワードも簡単な文章作成が出来れば問題ありません。
あとは普通にメールやインターネットが出来ればいいでしょう。
とにかく一番困るのは、「パソコンを触ったことがありません・・」というレベルです。
そのレベルからは脱出しておかないと、たぶんまず間違いなく不採用になるでしょう。

黙っていてはダメ!40代事務未経験者の志望動機と自己PRは?

事務未経験だからと言って、面接で即不採用になる訳ではありません。
しかし実務経験者と比べて、採用に不利なのは否めません。
そこは面接や履歴書で、しっかりと自己PRをしなければ相手に何も伝わりません。
採用には経験や資格がモノを言いますが、きっちりとヤル気アピールをした方が勝つ可能性もあります。
逆に資格や経験が無く、面接でも自己PRも何も出来なければ採用されるのは難しいでしょう。
相手も、どこかストロングポイントを探しているのです。
キッチリ自己PRして雑談でも盛り上がれば、未経験者でも充分採用される可能性はあるのです。
志望動機はありきたりでもいいと思いますが、自分が今している勉強や入社してからヤリタイ仕事内容をアピール出来る方がいいでしょう。
また面接では清潔感のある服装でハキハキした対応はもちろん、黙っていてはヤル気も相手に伝わりませんよ。

40代事務未経験者は派遣社員やバイトで経験を積むのもアリ!

大半の企業が事務員を採用する時に基準にするのが経験だと思います。
実務経験は資格よりも優先されることが多いのが現実でしょう。
しかし、この実務経験は何も正社員の事務経験だけではありません。
派遣社員でもアルバイトでも実務経験があればいいのです。
ぶっちゃけ新人の一般事務の実務経験なんてたかがしれているのです。
1年2年の実務経験なんて誰でも入社すればすぐに経ってしまいます。
なので現状で事務の実務経験が少なくてもそんなに大きな問題ではありません。
ただ事務職経験が全く無い人を採用するのも不安があります。
それは、せっかく採用しても本人自体が事務職に馴染まずにすぐに辞めてしまうケースです。
こればかりは面接をする会社サイドの人間にも予測はつきません。
なので事務経験者を採用するということは事務能力だけではなく、本人も事務職に慣れているという確信が採用側にも安心できるポイントなのです。
ですから事務経験をいうのは派遣社員やアルバイトでも大いに履歴書に書きましょう。
企業によっては、これだけで実務経験ありという判断をしてくれるかもしれません。

40代女性が転職に成功した体験談!資格の穴場は2級建設業経理士だった!

40代女性の転職は建設業経理士がおススメ

 

 

私は40代半ばの女性です。

 

 

元々簿記2級を持っていましたが、友達に建設業経理事務士という資格を勧められて資格だけは取っていました。

 

 

建設業経理士(以前の名称は建設業経理事務士)は受験資格は何もいらないんですよね。

 

 

以前に勤めていた会社は大手の工業系の事務員でした。

 

 

しかし女性が多く人間関係の悪さにストレスが溜まり退職しました。

 

 

私には事務経験があるので、ちょっと条件は悪くなるけどすぐに採用されるという自信があったんですね。

 

 

ところが40代の女性の転職は思った以上に厳しいものでした。

 

 

都会ではない私の住んでいる街には大手企業はありません。

 

 

40代女性の転職は建設業経理士がおススメ

 

 

地元には中小企業ばかりなんですが、どれも条件はいいとは言えません。

 

 

子供も学生なので遠くまで勤めに出る訳にはいきません。

 

 

その中でも妥協して面接を受けに行っても不採用ばかり・・。

 

 

ヒドイ時には履歴書を送っただけで不採用通知が来ることも少なくありません。

 

 

ホント泣きたくなりました。

 

 

やはり一般事務や経理事務の仕事は若い女性を会社は欲しいのかもしれません。

 

 

そんな中でも、ある企業さんが面接OKをくれました。

 

 

面接の時に、その理由を聞くと「2級建設業経理事務士」を持っていたからと言われました。

 

 

正直私には、その価値は分かりませんでした。

 

 

日商2級簿記の方が価値があると思っていたので・・。

 

 

しかし建設業だけはそうではないらしいんです。

 

 

建設業には経営事項審査というのがあって、2級建設業経理事務士は有資格者として会社の評価が上がるらしいんです。

 

 

深い理由は分かりませんが、とにかくラッキーでした。

 

 

今ではその会社にお世話になっています。

 

 

中小企業も悪くありませんよ。

 

 

給与や待遇面で大手より下がる面もありますが、小さい会社の分だけ融通をいろいろ利かせてくれます。
なによりアットホームな雰囲気が好きです。

 

 

今では会社は条件よりも自分に合うかどうかだと思っています。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ