30代で会社を辞めた!俺は会社に行きたくない理由は人間関係だった!

30代で会社を辞めた!俺は会社に行きたくない理由は人間関係だった!

それは今から20年くらい前の話。
俺は30代の前半で会社の人間関係に限界が来て退職届を出してしまった。
もちろん、全然後悔はしてないよ。
そもそも会社の給料も最悪だったし、嫁も子供もいたけど我慢にも限界がある。
この不景気の中で転職するって言うと、みんな反対する。
しかし、誰が俺の気持ちを心底理解できるだろう。
俺と同じ気持地になるには、俺が体験したこと全てを体験しなければ分かるわけない。
もちろん、転職に不安はあったさ。
当時は今よりもっと景気は悪かったからね。
もし会社を辞めて、次の働き先が無かったらどうしよう・・なんて心では思っていた。
当時は小さい会社だったから、人事や移動で嫌な上司と離れることは間違いなく不可能。
かといって、このままずっとストレス抱えてつまらない会社にいるのは耐えられない。
でも正直不安な気持ちもある。
小さい子供が生まれたばかりだが、ここは正直嫁に全部話して理解してもらおうと思った。
幸い、嫁は人間関係が辛いことを理解してくれ、転職に同意してくれた。
いや、正確には、俺への同情心だろう。
不安もあったはずだが。今の転職を許してくれた。
そこから転職活動が始まる訳だが、やはり再就職は容易ではなかった。
デスクワークを希望していたため、男性での事務職はほとんどなかった、
幸い、宅建を持っていたので、何とか不動産事務職に男でも就けることになったが、これまたビックリするほどブラックな会社だった。
それでもバイトよりはいい稼ぎになるので、しばらくこのブラック不動産屋にいることにした。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ