医療事務の仕事内容はこんな感じ!持ってて損は無い資格だよ!

医療事務の仕事内容はこんな感じ!持ってて損は無い資格だよ!

医療事務合格後の仕事内容は?

 

 

医療事務の資格があると、調剤薬局や病院、個人医院などで働くことが可能です。

 

 

医療事務の資格があるとできる主な仕事内容として、診療報酬や調剤報酬の計算、保険請求が該当となります。

 

 

診療報酬であれば処置の内容、検査項目、使用薬剤などについて、調剤報酬であれば、薬剤、調剤内容などについて、それぞれ項目ごとに細かく報酬が決められています。

 

 

これらの内容を把握し、どの項目が算定できるのかを判断し、もれなく計算するといった業務が医療事務にとっては非常に大事な仕事となります。

 

 

どの項目が算定できるかをきちんと把握できないと、保険請求の過剰請求があったり、過少請求があったりと医療機関に適正にお金が入ってこないことになってしまいます。

 

 

また日々の業務の他に、保険請求は一人の患者さんにつき一ヶ月に一度全て取りまとめを行い、社会保険や国民健康保険の支払基金に、医療費の請求を行います。

 

 

こういった保険請求の取りまとめを行うことも医療事務ができる仕事の一つです。

 

 

この他にも、医療事務には受付を行ってもらったり、カルテを出してもらったり、患者様をご案内したりと、患者様を相手にする業務を行ってもらうこともあります。

 

 

報酬の計算をする能力だけでなく、患者様に応対する能力も求められます。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ