医療事務の資格を取ればどんな仕事が出来るの?

医療事務の資格を取ればどんな仕事が出来るの?

医療事務合格後の仕事内容は?

 

 

医療事務の資格を取得すると主に病院などで事務関係の仕事に就く事ができます。

 

 

 

その仕事内容とは、受付業務、会計業務、請求業務の3つに分けられます。

 

 

 

受付業務は、患者さんの保険料や診察券の確認、診察までの案内をします。

 

 

 

初診の場合は保険証をもとにカルテを作成したり、再診の場合は既存のカルテの準備を行います。

 

 

 

その他に医療費補助を受けている高齢者や子供、障害者の方は会計や請求業務に反映させるため、しっかりとした制度を覚える必要があります。

 

 

 

会計業務は、戻ってきたカルテと診療内容を確認し、金額を計算して会計処理を行います。保険診療の場合は、診療報酬と言う制度に基づいているので、これもまた制度を熟知する事が大切になります。

 

 

 

請求業務は、患者さんの自己負担分以外の残りの支払い分を保険請求します。

 

 

 

毎月レセプト請求と言い国保連に対して請求書の作成と送付する仕事があります。

 

 

 

最近殆どの病院はパソコンでレセプト管理ができるため、昔の様な手計算や手書き業務はなくなってので、内容を覚えてしまえば比較的簡単な業務になります。

 

 

 

この様に医療事務資格は、大きく3つの仕事内容に分けられますが、それ以外にも患者さんとのコミュニケーションなども必要になるので、総合的に接遇マナーなどのスキル習得も求められます。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ