英語力を生かすなら英検よりtoeicの点数が大事!就活に有利な英語はTOEIC!

英語力を生かすなら英検よりtoeicの点数が大事!就活に有利な英語はTOEIC!

英検よりTOEICの方が就活に有利

 

 

ひと昔前なら英語の試験と言えば英検でしたよね。

 

 

 

しかし時代は変わって、英語の検定と言えばTOEICと言われるようになって来ました。

 

 

 

いったいどこが違うのでしょうか?。

 

 

 

簡単に言っちゃうと、TOEICは世界規模の評価が出来るというところでしょうか。

 

 

 

例えば「英検」なら日本だけの試験ですよね。

 

 

 

英検でいくら上級の資格を取っても、実際の語学力は世界で通用するか分かりません。

 

 

 

しかしTOEICは合格、不合格という概念ではなく、そのまま点数がその人の語学力という評価になります。

 

 

 

例えば海外赴任レベルなら600点以上とか・・・。

 

 

 

その人の語学レベルがどの程度か客観的に知るスコアがTOEICなんですね。

 

 

 

toeicの点数で、英語の能力をはかることは多く、会社に入社するときなどにも目安にされることも多いです。

 

 

 

仕事内容には大きく響く場合とそうでない場合がありますが、海外の人との取引が盛んな企業などでは、toeicの点数次第で任される仕事内容が変わることも多いです。

 

 

 

そして、toeicを受けるように会社側から指示がでることもあり、そのような場合には、英語の理解力や聞き取りの力が必要ということが示されているので、必須の条件とみなすのです。

 

 

海外と取引のある企業の中でも特に貿易の関係の場合は、英語を喋ったりするだけでなく、取引上で重要なツールとして考えられるので、高得点をキープする必要性を鑑みて普段からの勉強を怠らないようにするといいです。

 

 

 

また、塾の講師や英会話教室での勤務の場合にも、人に教える立場であるので、高得点を出すことが必須とされる場合も多く、高度な授業を行うための一環として、点数を重視されることもあります。

 

 

 

toeicで高得点をとっている相手であれば安心して授業を聞くこともできますし、本場の絶妙な表現などを身につけているという評価をすることもできるので、重視して学んで高得点を取るようにする人も多いです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ