行政書士の資格は役に立つ?!資格取得後はどんな仕事するの?

行政書士の資格は役に立つ?!資格取得後はどんな仕事するの?

行政書士の資格は役に立つ?

 

行政書士の資格を取得することで、仕事の幅を広げることができます。

 

 

 

その仕事内容の具体的な例としては、飲食店営業許可や建設業許可に関する書類の作成や代理提出が挙げられます。

 

 

 

個人や法人の顧客から、これらの書類を扱う業務を依頼され、行政書士法という知識が活かしながら書類の作成などの業務に取り組みます。

 

 

 

取り扱う必要のある書類の数は多く、その数については今後も増えていくと捉えられています。しかし、行政書士の仕事内容は、書類作成に限定されているわけではありません。

 

 

 

その他の重要な仕事として、顧客との打ち合わせがあります。

 

 

 

行政書士については、一般的に書類だけを作成しているイメージが強くなっていますが、書類作成は行政書士の管理下であれば誰でも行うことができます。

 

 

 

書類作成よりも大切な仕事は、顧客から仕事を引き受けることと、顧客の抱える問題を解決するための提案です。

 

 

 

行政書士の実態は、顧客相手のサービス業です。

 

 

 

法律を扱う仕事であるため、特別なことに取り組んでいる印象がありますが、他のサービス業とそれほど違いはありません。

 

 

 

基本的には顧客を見つけサービスを提供し、その対価としてお金を貰っています。重要な点は、行政書士というものは法律を扱うサービス業であるということです。

 

 

 

しかし、どんな業界でも実務を知って独立に至るものです。

 

 

 

行政書士は学歴に関係なく誰でも受験出来ます。

 

 

 

弁護士、税理士、弁理士などよりもはるかに簡単で法務の入門編の資格とも言えます。

 

 

 

行政書士は独学でも合格しやすい為女性にも人気の資格です。

 

 

 

みなさんも一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ