主婦に人気の「行政書士」に合格後の仕事内容とは?!

主婦に人気の「行政書士」に合格後の仕事内容とは?!

行政書士の仕事内容は?

 

 

行政書士の仕事内容とは一般の個人から会社の法人まで様々な顧客から依頼を受けて官公署や行政機関への許可や認可に対して行政書類や事実証明に関する書類の代理作成や提出を行います。

 

 

 

これらの一部には行政書士にしか出来ないものも含まれています。

 

 

 

個人でも作成出来ないことはありませんが、慣れない者がすると時間がかかったり、内容が複雑過ぎて専門家である行政書士に頼むといったケースも多くあります。

 

 

 

具体的には建設業許可、飲食店経営許可、会社設立登記、各種契約書の作成などです。

 

 

 

行政書士は一般的には代書屋と呼ばれていて作成書類は1万種類を超えると言われています。

 

 

 

しかし、行政書士がデスクワークばかりでそのような書類ばかりを作成しているわけではありません。

 

 

 

顧客とのミーティングや作成書類の提出などで外出して業務をこなすことも多くあります。

 

 

 

まずは仕事を取ってこなければならないので営業活動も積極的に行います。

 

 

 

そして顧客の相談に応じたりしてコンサルティング業もこなしますので実態は顧客相手のサービス業といった面もあります。

 

 

 

これからは行政書士の仕事も受注競争が激しい為、より専門的な知識を持つ行政書士が必要とされているのかもしれません。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ