行政書士取得後の仕事内容とは?!

行政書士取得後の仕事内容とは?!

行政書士の仕事内容は?

 

 

行政書士は、よく士業における最初の入門的な資格として取得をすることが多いものです。

 

 

取得方法も様々な方法があり、たとえば公務員として業務を長年行った場合などに試験無しで取得出来ることもあるなど、潜在的な人も含めて取得者が非常に多い事でも知られています。

 

 

 

この行政書士の仕事内容は、官庁すなわち役所に申請などを行うときにおける代行及びその関係する書類作成の代行です。

 

 

 

ただし、他の士業が所管する業務は原則として出来ません。

 

 

 

役所への代行申請として行えるものは約七千種類とも言われており、広範囲に及びます。

 

 

 

ただし、それだけ多くなってくると通常は自分の得意とする業務に関するものだけを引き受けて行う場合が多くなります。

 

 

 

一般的によく知られている業務としては、建設業の許可、自動車の登録関係及び自動車諸税に関する届出です。

 

 

 

この自動車諸税関係では、税理士で無くても行政書士が代行して対応に当たることが許されています。

 

 

 

仕事に慣れてくれば、独立して業務を行えるものですから、一国一城の主として仕事を行う場合もあります。

 

 

 

ただし、潜在的な取得者は多いわけですから競争になりますし、需要が見込めない場合もあるので注意を要します。

 

 

 

どんな業界にも言えますが、独立開業は簡単なことではありません。

 

 

 

まずは資格を取得し、実務経験を積み、仕事の本質を理解する。

 

 

その上で経験や人脈を生かし仕事を受注していく。

 

 

とっても難しいことですが、やりがいのある仕事ですよね。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ