ファイナンシャルプランナー合格後の仕事内容とは?

ファイナンシャルプランナー合格後の仕事内容とは?

ファイナンシャルプランナーの仕事内容は?

 

ファイナンシャル・プランナーとは、個人のお客さまに対して生活状況を把握して分析し、資産や資金の活用提案をを行う仕事です。

 

 

 

具体的な仕事内容は、

 

 

 

「子供が大きくなってきたのでそろそろマイホームがを持ちたいけど住宅ローンの支払いと収入が見合っているのか・・?」

 

 

「今の収入で今後の教育費の支払い影響がないか・・?」

 

 

「定年後に年金以外に貯蓄どの程度しておけばよいか・・?」

 

 

「資産運用を考えていてアパート経営を始めたいけど、収支が合うのかどうか知りたい・・?」

 

 

などなど、相談内容は様々となっています。

 

 

ファイナンシャルプランナーの仕事内容は?

 

 

それゆえ、ファイナンシャル・プランナーの知識は、住宅ローン、不動産、教育、税金、投資、老後、相続など広い分野を求められます。

 

 

 

お金のプロとしてのアドバイスをするのがファイナンシャル・プランナーなのです。

 

 

 

FP技能士の資格を持っていなくても仕事をする事は可能ですが、やはり資格を持っている事で信用度は格段に上がり、給料の面でも異なります。

 

 

 

FP技能士の資格をもっていることで就職・転職・独立にも強くなると言えるでしょう。

 

 

 

銀行、農協、信用金庫、郵便などの金融機関、証券会社、保険会社、クレジット会社、不動産会社での募集が多く、コンサルタント業務などで有資格者はとくに優遇されるところが多くなっています。

 

 

 

入社後も資格の取得を勧められる事が多いので、FP技能士を活用できる分野で仕事を考えている場合は、積極的に資格を取得を行うと良いでしょう。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ