TOEIC(英語)で高点数を取るとどんな仕事があるの?!

TOEIC(英語)で高点数を取るとどんな仕事があるの?!

toeicの点数と仕事内容

 

 

国際化がますます進む近年では、就職活動の際に企業によってはtoeicの点数の提出が求められることがあります。

 

 

 

特に、外資系の企業や海外や外国人とのやりとりのある職種によっては、仕事内容として英会話での英文でのメールのやりとりがある職種もあるため、自分の英語力を示すツールとしてtoeicが必須になります。

 

 

 

特に、日常的に外国人の対応をする仕事内容の場合には日常の英会話に加えて、ビジネス英会話やトラブルが起きた際の対応も全て英語でしなければなりません。

 

 

 

また、その業務もどれほど英語が話せるのかによって就ける仕事が限られてきます。

 

 

 

例えば、空港を例にしてみると空港内の売店などでは簡単なコミュニケーションが取れれば、誰でも働くことが出来ますが、航空会社の受付カウンターなどでは英語でのサービスを求められるため日常英会話以上の英語能力が必要とされるため、toeicを受験して自分の英語能力を点数で表す必要があるのです。

 

 

 

また、最近では海外と直接やりとりのない企業でも世界進出を視野に入れ、社員の英語力の向上に力を注ぐ企業もあります。

 

 

 

そのため、外資系企業や海外、外国人とのやりとりを行う業種以外の人でもtoeicは就職活動の際に役に立つため、多くの人が受験をしています。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ