定年後 資格 仕事 おすすめ

定年後におすすめの資格は危険物乙4で決まり!

 

定年後の再就職に必要な資格

 

 

※まずは無料で資料請求!

 

 

サラリーマンの世界は非情だと思った方がいいでしょう。

 

 

サラリーマンの大半の人が60歳〜65歳、早い人では50代半ばに早期退職を勧められ退職する人も多い世の中です。

 

 

大手の会社であれば、再就職先を紹介してくれるかもしれません。

 

 

しかし、そんな恵まれた環境でお仕事している方は圧倒的に少数ですよね。

 

 

50代はもちろん、60代もまだまだ元気です。

 

 

そして、まだまだ働かなくてはなりません。

 

 

では定年後に再就職する為に必要な資格は何でしょう?。

 

 

社会保険労務士?、中小企業診断士?、税理士?、マンション管理士?。

 

 

私個人の考えですが、定年後にそんな難しい資格は必要ありません。

 

 

定年後の事務職に必要な資格

 

 

もちろん、向上心を持って目標の一環として努力するのはいいでしょう。

 

 

しかし再就職先を見つける為に受験するには敷居が高すぎます。

 

 

上記の資格は、高い評価を受ける資格ですが難易度が高すぎます。

 

 

おそらく合格率は10%を切るものばかりでしょう。

 

 

その合格率も、頭脳に自信のある強者ばかりが受験しての合格率です。

 

 

いくら頭のいい方でも定年後に受験すると合格出来るのは何年先になるのでしょう。

 

 

仮に合格出来たとしても、高齢になった未経験の方が法務の第一線で就職出来るでしょうか。

 

 

可能性は限りなく小です。

 

 

そこで定年後に受ける資格でおススメの資格があります。

 

 

定年後の事務職に必要な資格

 

 

それは「危険物乙4類」です。

 

 

危険物取扱者資格を保持すると、一定数量以上の危険物を貯蔵し、又は取り扱う化学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等の施設に必要とされる人材になります。

 

定年後の再就職に必要な資格

 

※他にもおススメの理由があります。

 

合格率が高い

合格率は40%程度です(年によって若干変わります)。

 

しかし受験生は高校生などが強制的に受験させられる場合もあり、合格率は低めに出ている可能性があります。

 

ブランクのある定年後の試験勉強にはちょうどいいかもしれません。

 

 

受験資格がない

資格を受験しようにも受験資格が無ければどうしようもありません。

 

しかし危険物乙4類には受験資格は無く、誰でも受験できる為、人気です。

 

 

就職先が豊富

危険物乙4の資格保持者の就職先で一番多いのはガソリンスタンドです。

 

ガソリンスタンドと聞くと肉体労働のイメージがある方にいますが、そういう仕事ばかりではありません。

 

例えば最近ではセルフのガソリンスタンドが増えてきました。

 

こういった一見無人のガソリンスタンドでも事務所には危険物乙4の有資格者が待機しています。

 

基本的にはモニター監視のお仕事です。

 

こういうお仕事でしたら、定年後でも肉体労働しなくて済むのでおススメです。

 

 

 

 

※まずは無料で資料請求!

 

 

危険物では物足りない人は宅建士がおすすめ!

定年後おすすめ資格

 

前記事で定年後におすすめの資格は危険物乙4だとご紹介しました。

 

しかし、危険物乙4では簡単過ぎて物足りないという人も多いことでしょう。

 

そこで、次におススメの資格は「宅建士」です。

 

宅建士を定年後におすすめする理由があります。

 

 

受験資格がない

国家資格を受験するうえで、いつも邪魔になるのがこの受験資格です。

 

有名な価値のある国家資格には、必ずと言っていいほどこの受験資格の制約があります。

 

例えば卒業学校や学部、実務経験などですね。

 

しかしこの宅建士には実務経験などの受験資格がありません。

 

定年後にすぐ受験できるのは大きなメリットですね。

 

 

 

再就職に有利

企業には法で定められた一定数の宅建士を置く義務が生じます。

 

かつ宅建士にしか出来ない実務が不動産業には存在します。

 

例えば不動産売買による重要事項説明などですね。

 

資格保持者にしか行えない実務経験があるのも、再就職に有利なメリットと言えます。

 

 

 

勉強しやすい

宅建士の試験内容は生活に密着している問題が多いと言えます。

 

不動産の売買はもちろん民法や相続など、ある程度の社会生活をしてきた人なら勉強しやすい試験と言えるでしょう。

 

定年を迎えた方なら初めて聞く単語も少ないことでしょう。

 

案外、楽しんで試験勉強できるかもしれませんよ。

 

 

自分の希望求人数や年収が予想できる?!

 

予想内定社数

 

 

ちょっと一息・・・。

 

 

資格の取得って、手段であって目的ではありませんよね?。

 

 

一部の資格マニアの人はさておき、大半の人は就職に有利だから資格の取得を目指すんだと私は思っています。

 

 

もちろん資格はある方がいいですが、就職に一番大切なモノは実務経験なんです。

 

 

定年を迎えたあなたには、きっと色んな実務経験があるはずです。

 

 

それって、絶対あなたの武器になりますよ!。

 

 

「自分はたいした仕事してこなかったしなぁ・・・・」

 

 

誰だってそんなもんです。

 

 

世間に胸を張って、「俺はこれだけの仕事をしたんだ〜〜!」

 

 

なんて言える人は、ほんの数パーセントです。

 

 

まずは自分の経験を評価してみましょう。

 

 

評価は悪くたっていんです!。

 

 

コンピューター占いみたいなものなんですから、気にしない気にしない!。

 

 

転職前の占い感覚で楽しんじゃいましょう!。

 

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたのフィット求人数やフィット年収が診断出来ちゃいます。

 

 

試しに、私もやってみました!。

 

 

結果はこんな感じです。

 

 

予想内定社数

 

 

※自分の市場価値の無料診断はコチラ↓
面接確約
無料ですのでぜひどうぞ!。

 

 

転職方法に迷ったら転職アドバイザーに相談!

40男性の転職の悩み

 

転職には迷うことばかりでしょう。

 

自分のスキルは転職に役に立つのか?

 

転職して給料は下がらないか?

 

転職先はブラック企業じゃないのか?

 

転職先の人間関係が心配だ・・

 

自分の知らない職種もあるんじゃないの?

 

 

 

誰しも、先の見えない転職に不安は持っているものです。

 

 

しかし、そんなあなたにおススメの転職方法があります。

 

 

それは、転職アドバイザーに相談すること。

 

 

転職アドバイザーは転職のプロです。

 

 

あなたのスキルを元に、あなたに合った仕事先を一緒に探してくれます。

 

 

履歴書や仕事内容の書き方まで、細かくアドバイスをくれます。

 

 

あなたのスキルや人柄を企業にアピールしてくれることもチラホラ・・・。

 

 

 

しかも無料ですから、こんなにありがたい話はありません。

 

 

40男性の転職の悩み

 

 

※おススメの転職相談はコチラ!

 

 

定年後に人気の資格ランキングってホント?誰でも受験できるおススメの資格とは?

 

定年後に誰でも受験できる資格とは?

 

 

 

「定年後に人気の資格ランキング!」

 

 

とかってネットではよく見かけますよね。

 

 

でも思うんですが、何をもってランキングと言うのでしょう?。

 

 

「定年後に資格を!」って事は、その人は新しい何かを始めたくて資格を取る訳ですよね。

 

 

もちろん人によって向き不向きや、興味のある分野、無い分野などいろいろでしょう。

 

 

一概に資格にランクなんて付けられませんよね。

 

 

そこで当サイトでは、「未経験からでも受験できるおススメ資格」をご紹介します。

 

 

受験資格がほとんど制限なく、基本的に誰でも受験できる資格。

 

 

それでいて、合格率が難関過ぎず、かつ社会からある程度評価を得られるおススメの資格です。

 

 

世間には素晴らしい資格がたくさんありますが、試験が難しすぎて手が届かない高嶺の花の資格なんて興味ありませんよね。

 

 

そこで一般の人にも、ちょっと努力すれば合格できる手頃な資格をご紹介します。

 

 

順不同ですのでよろしく〜。

 

 

定年後に誰でも受験できる資格とは?

 

 

危険物乙4類

 

上の記事でも書きましたが、受験資格が無く、合格率が高くて就職先が見つかり易いのでおススメです。

 

 

 

宅建士

 

昔で言う、宅地建物取引主任者です。

 

これはちょっと勉強が必要です。

 

と言っても、高卒の中でもレベルの低い私が何とか合格出来たので誰にでも手が届くはずです。

 

合格すれば「宅建士」を名乗る事ができ、不動産屋さんなどの就職に有利です。

 

不動産と言っても営業だけではありません。

 

宅建士という専門の事務員を置いている会社も多いので就職に有利です。

 

 

 

管理業務主任者

 

「管理業務主任者」とは、マンション管理業者が管理組合等に対して管理委託契約に関する重要事項の説明や管理事務報告を行う際に必要な国家資格者のことです。

 

宅建士と並んでマンション管理会社などに人気の資格です。

 

 

 

マンション管理士

 

法律の知識を基に、住民のトラブル、建物の修繕や保全についてアドバイスを行います。

 

これから維持修繕の必要なマンションの戸数に対し、マンション管理士はまだまだ少なく、これからもニーズのある資格だと言われています。

 

受験資格は特にありませんが、まあまあ難しい資格だと言われています。

 

 

 

登録販売者

 

医薬品の販売が出来る資格です。

 

今まで薬剤師さんしか携われなかった薬の販売でも、種類によっては登録販売者でも販売することが出来るようになりました。

 

さらに受験制度の変革により、試験自体は誰でも受験できるようになっています。

 

ただし、正式な店舗管理者になるには試験合格後、実務経験が必要な場合があります。

 

今後のニーズが高い専門的な資格と言えるでしょう。

 

 

 

※まずは無料で資料請求!

 

定年後の再就職に有利な資格!いる資格といらない資格とは?!

定年後に有利な資格

 

 

定年後の再就職に有利な資格・・・。

 

 

資格があれば、就職先が簡単に見つかる!!!なんてことはまず幻想です。

 

 

ここを簡単に甘く見過ぎてると、意味の無い資格を取ってしまったり、就職活動で過度に期待して挫折感を味わってしまうでしょう。

 

 

とはいえ、資格はある方がいいに決まっています。

 

 

資格を取得すれば、すぐに再就職が見つかるとは言えませんが、それでも転職に有利なのは間違いありません。

 

 

そこで定年を迎えた人には、どんな資格がおススメなのでしょうか?。

 

 

資格には大きく分けて2つの種類に分かれます。

 

 

まず一つ目は、

 

 

 

権威を与えられている資格

 

これは簡潔に言うと、この資格を持っている人だけが出来る仕事があると国から認められている資格です。

 

 

例えば「宅建士」は不動産の営業に従事する従業員の一定数はこの免許を持っている人が必要になりますし、重要事項の説明もこの免許を持った人がしなければなりません。

 

 

つまり無免許を持ってる人しか、出来ない仕事があるってことです。

 

 

だから資格の価値があるんですね。

 

 

 

 

もう一つは、

 

能力を証明する資格

 

 

これは、この資格を持つ人しか出来ない仕事はありませんが、ある程度能力を証明する資格になります。

 

 

例えば「簿記2級」なんていう資格は、社内では簿記を持った人でないと経理が出来ないなんて法律はありませんよね。

 

 

新人の高卒でも会社の経理事務に携わることは可能です。

 

 

なので権威と言うより、自分は簿記に関してこのレベルの知識がありますよという能力の証明資格です。

 

 

 

 

 

以上のように簡単に資格とは2種類あることをご説明しました。

 

 

どちらの資格が再就職に有利かは、私個人的には「権威のある資格」をおススメします。

 

 

しかし「能力を証明する資格」も無駄ではありません。

 

 

例えば簿記やMOSなどは面接でアピール出来るメジャーな資格ですし企業からも評価されるでしょう。

 

 

どんな資格を受験するかは、自分の就職したい方向に向けて検討するのがいいでしょう。

 

定年後に高収入な資格はない!低所得でも安定した資格の取得がおススメな理由は?!

定年後に高収入な資格

 

定年後の再就職を検討するにあたって、誰しも考えるのは就職に有利な資格でしょう。

 

 

それも、出来れば高収入な資格・・・。

 

 

しかし、中小企業を渡り歩いた私から見れば、資格取得だけで高収入を得られる資格などそうはありません。

 

 

高収入を得られる条件は、資格や免許ではなく実務経験なのです。

 

 

資格は、次の転職する為のオプションでしかありません。

 

 

あなたの就職を有利にするためのアイテムなのです。

 

 

なので極端な話、超難関の医師や弁護士、司法書士やMBAの資格を取得したところで実務経験がなければ高収入は得られないでしょう。

 

 

もしあなたが、これだけの資格を取得できる受験資格や能力があれば、試験に合格し高収入を得られるかもしれません。

 

 

しかし大半の定年を迎えた方は、若い人より学力も体力も衰えが見られるはずです。

 

 

個人的には、定年後に受験するおススメの資格は、

 

 

 

難易度が低い資格

 

就職しやすい資格

 

 

をおススメします。

 

 

いくら価値のある資格でも、合格までに数年を使ってしまえば、本来の再就職に使うという目的が遠のいてしまいますからね。

 

 

あくまで個人的な意見ですが、合格しやすく就職に需要のある資格がいいのではないでしょうか。

 

 

もちろんヤリガイの意味で、難しい試験にチャレンジするのはいいと思いますよ。

 

 

65歳以上の人生涯現役!高齢者を雇う企業のメリットとは?

定年後の再就職

 

長年働かれて65歳の定年でひと段落。

 

まずはゆっくり休んでくださいね。

 

しかし65歳といえば、まだまだ元気な世代です。

 

少し休めば、また新たな就職先を見つけて頑張ってみましょう。

 

65歳を超えた人は、みんな思っています。

 

「もうこの年齢だから、自分には再就職先なんて見つからないだろう・・・」と。

 

しかし実際にはそんなことはありません!。

 

企業側にも、高齢者を雇うメリットはあるのです。

 

例えば、60歳以上の人を雇入れた場合。

 

事業主は、60歳以上の高年齢者などの就職困難者を、ハローワーク等の紹介により雇い入れた場合は国から助成金が得られらます。

 

もちろん65歳以上の人を雇い入れた場合も同じことが言えます。

 

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/jigyounushi/page09.html
(厚生労働省ホームページ2018年記事参照)

 

事業主の方も経験豊かな高齢者を、会社負担が少なく雇えるのでしたらメリットは大きいでしょう。

 

まだまだ65歳は社会から必要とされているのです。

 

人手不足の問題は深刻で、気兼ねた政府は一部職種に限り外国人労働者の永住権も認める動きもあるようですね。

 

どの業種でどの程度の期間、外国人労働者が滞在できるのかはまだ分かりませんが、まだまだ定年退職した人にも生涯現役であって欲しいものです。

 

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/gaikokujin/index.html
(外国人労働者に関する厚生労働省のホームページ参照)

 

定年後の再就職の情報はコチラ

 


ホーム RSS購読 サイトマップ