在職中に転職活動する方法とは?!

在職中に転職活動する方法とは?!

在職中の転職活動

 

 

在職中に転職活動をしたい人は多いことでしょう。

 

 

しかし、現実はそう簡単なことではありません。

 

 

私も在職中に転職活動を繰り返して来ましたが、なかなか色々難しいんですよね。

 

 

私の経験上のリスクを書いておきますので参考にして下さいね。

 

 

相手の会社の面接日に合すことが難しい

やはり新しい転職探しの基本はハローワークでしょう。

 

気に入った会社に面接に行きたくても、在職中ではなかなか相手の希望日時に合すことが出来ません。

 

私も何度も面接日を調整して頂きましたが、結局断られた経験があります。

 

 

今の会社に転職活動がバレる可能性がある

ある意味、在職中に他の会社へ転職活動をするということは裏切り行為にも当たると思います。

 

決して違法行為ではなく、よくある話だとは思いますが・・。

 

たぶん、ほとんどの人が今の仕事と同じ業界へ転職することでしょう。

 

もしかしたら、面接先が今の会社と繋がっているかもしれません。

 

私はこのパターンが一番怖かったので、履歴書には今の会社名を伏せて書いてました。

 

しかし、結局面接に行けば同じことなので、今の会社と遠い所を受けるなど中途半端な就活をしてしまいました。

 

 

私が在職中に転職活動をしてみて、障害になるケースは大きく分けて上の2点です。

 

在職中の転職活動

 

やはり在職中に転職活動をするのは大きなリスクと隣合わせですね。

 

 

これらのリスクを気にしながら転職活動をしても、結局中途半端になりがちだと思います。

 

 

いっそ今の会社を辞めてしまえば思い切った就活が出来ますが、すぐにいい所が見つかるとは限りません。

 

 

じゃあどうすりゃいいんだよ〜?!って話しですが、

 

 

私のおススメは「リクナビ」です。

 

 

みなさん、リクナビって」ご存じですよね。

 

 

大手リクルートの求人サイトです。

 

 

使い方は簡単です。

 

 

自分の資格やスキルと登録するだけです。

 

 

特別目立ったスキルなどは必要ありません。

 

 

リクナビに登録すると、あなたのキャリアに興味を持った企業からオファーが来ることも多々あります。

 

 

もちろん、自分から企業へアプローチすることも可能です。

 

 

私は何よりリクナビに登録して良かったと思ったのは、自分の商品価値を客観的に知ることが出来るからです。

 

 

自分のスキルや資格が上がるほどオファーが増えました。

 

 

転職を今すぐするかしないかも大事ですが、今、自分の価値を知る上でも登録だけしてみてもよいのではないでしょうか。

 

※登録はもちろん無料ですのでおススメです

 


ホーム RSS購読 サイトマップ