40代で医療事務の資格を取っても未経験では就職できない現実?!

40代で医療事務の資格を取っても未経験では就職できない現実?!

 

中高年の医療事務

 

 

 

医療事務のお仕事は人気がありますし、医療事務の資格もさほどハードルは高いとは言えません。

 

 

となれば医療事務のお仕事に就くにはおのずと競争率が激しくなります。

 

 

では未経験者はいつまでも医療事務に就職できないのでしょうか?。

 

 

私はそうとは思いません。

 

 

確かに経験があれば有利でしょう。

 

 

しかし医療事務の就職自体が無いわけではありません。

 

 

少し競争率が激しいだけです。

 

 

しかし未経験でも就職する方法があります。

 

 

デスクワークに有利なスキルと資格

 

 

その一番早い方法は派遣社員です。

 

 

大手の病院の医療事務はほとんど派遣で成り立っています。

 

 

「派遣は嫌だ、正社員じゃなきゃダメ!」

 

 

なんて思われるかもしれませんが、ここは現実を見ましょう

 

 

ある程度の年齢で経験が無ければ、なかなか正社員の採用を勝ち取るのは難しいでしょう。

 

 

もちろん求人があれば、どんどんアタックすればいいと思います。

 

 

たぶん正社員で入れるとなると小さい病院になると思います。

 

 

小さい病院では人数が少ないため、あれもこれもという感じでかなりの仕事量が回って来ます。

 

 

未経験の人にはキツイ労働になるかもしれません。

 

 

もちろん、そこで継続できれば色々な仕事を覚えるというメリットもあります。

 

 

しかし派遣であれば、ある程度勤務状況が保証されます。

 

 

例えば勤務時間や有休休暇など。

 

 

未経験の方が病院という世界に初めて飛び込むのですから、まずは雰囲気に慣れることが大事です。

 

 

そういう意味では派遣というだけで毛嫌いせずに最初は謙虚な気持ちでお仕事を探す方がいいかもしれません。

 

 

自分がある程度、医療事務に慣れて一通りの仕事を思えてから正社員の道を探ってもよいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ