男性が事務職やデスクワークに就く為におススメの資格はコレだ!

男性が事務職やデスクワークに就く為におススメの資格はコレだ!

 

男性事務に必要な資格

 

「あなたの転職ちょっと待った!!」

 

 

転職は焦ってはいけません。

 

 

今の会社に腹が立つのは分かりますが、コチラのサイトを見て少し冷静になって下さい。

 

 

コチラのサイトでは無料で自分のフィット求人数や転職予想年収を診断してくれます!。

 

※自分の市場価値の無料診断はコチラ↓
面接確約

 

 

 

 

男性の事務におススメの資格は宅建主任

 

「男性が事務員の面接に行っても落とされる・・・」

 

 

こんな話をよく聞きますよね。

 

 

実際、僕も経験していますが中年の男性が一般事務の面接を受けても残念ながらまず断られます。

 

 

厳しいこと言ってごめんなさいね。

 

 

でも、正直これが男性の現実だと思います。

 

 

男性事務職の焦らない転職方法

 

 

しかしパソコンの普及により、昔よりもデスクワークに就ける男性が増えてきたのも事実です。

 

 

たぶん、このサイトを見てくれたあなたは漠然と「事務員 資格」って検索して来てくれた方がほとんどだと思います。

 

 

つまり、あなたは事務員というよりデスクワークに就きたいんだと思います。

 

 

私も中年の男性なので就職には苦労しました。

 

 

だから、あなたにも頑張って欲しいのです!。

 

 

当時、職探しをしていた僕が事務経験が無いのに今、事務員で働けているのも資格があったからです。

 

 

やはり経験の無い人は資格が大事ですよね。

 

 

僕はけっこう資格マニアですが、その中で就職に有利だった資格をご紹介します。

 

 

あ、・・一応言っておきますが僕は高卒です。

 

 

なのでそんなに難しい資格は持っていませんしおススメもしません。

 

 

僕がおススメする資格は、あくまで普通の方でもちょっと勉強すれば合格出来る資格です。

 

 

例えば、司法書士・税理士・中小企業診断士・社労士なんて興味ありますか?。

 

 

もちろん素晴らしい資格ですし価値はありますが、合格率数%の資格なんてなかなか普通の人が合格するには数年かかっちゃいますよ。

 

 

 

 

そこで一般的な人が、ちょっと勉強すれば1年以内に合格できる資格でおススメはコチラです!

 

 

 

男性事務に必要な資格

 

 

 

 

宅建士(宅地建物取引主任者)

 

宅建は言わずと知れた、超人気資格です。

 

人気の秘訣は、そこそこ価値があって、それでいてちょっと勉強すれば普通の人でも合格出来る資格です。

 

私も持っていますが、かなり勉強しました。

 

元々、私は学生時代、全然勉強できない方だったので・・・。

 

でも、努力して、ちゃんと合格出来ましたよ。

 

受験回数は3回受けましたが・・。

 

最初は独学でしたが、早く受かりたいから途中で通信教育に切り替えました(笑)。

 

一般的に独学で合格するには、勉強時間300時間と言われています。

 

300時間と言えば、1日1時間勉強して10カ月くらいでしょうか。

 

だいたい、普通の人が受験すれば、そんなものだと思います。

 

誰しも、1回で合格できるとは限りませんから・・。

 

宅建に合格すると、どんな仕事が待っているのか???。

 

そこが誰しも気になるところですよね。

 

私の場合ですが、宅建事務という賃貸不動産屋の事務員に就職できました。

 

性格的に営業はムリなんですよね。

 

机に座って、パソコンパチパチ触っている方が性に合っているというか。

 

賃貸不動産の事務員のお仕事は、ホント楽でした。

 

基本的には契約書を作って、重要事項の説明をお客さんに読み上げるだけです。

 

それでも、普通の一般事務員よりはお給料は良かったと思います。

 

 

 

 

 

ITパスポート

 

今の事務仕事に、パソコン操作は必須です。

 

個人的には簿記よりも、パソコンやエクセルが出来るスキルの方が事務方には戦力になります。

 

会社の経理なんて、今やほとんど簿記の知識は必要ないですから。

 

もちろん簿記を知っている方がいいのは間違いありません。

 

ただ実務に関しては、経理って数字合わせの集合体なので、小さい会社の事務ならエクセルで事足りでしまうんです。

 

大きい会社でも経理ソフトを入れてるので、基本入力作業になってしまう所も多いでしょう。

 

とにかく今は、パソコンが出来ないと話になりません。

 

パソコンやエクセルを実務で使ったことのある人なら、面接の時にある程度経験をアピールできるでしょう。

 

実務経験の無い人は、MOSという資格をおススメします。

 

MOSとはマイクロソフトオフィススペシャリストの略で、エクセルやワードなどのソフトごとの実務試験です。

 

といっても緊張する必要はありません。

 

合格率は、かなり高めですから。

 

MOSについて知りたい方は、下記の無料の資料請求をしてみて下さいね。

 

 

 

さて、パソコンがある程度使えるよって自信のある方はITパスポートという資格をおススメします。

 

MOSよりは難易度が上がりますが、エンドユーザーの資格なので言語やプログラミングなどの専門的知識は必要ありません。

 

古くは初級システムアドミニストレータと呼ばれていました。

 

コンピューターの基礎知識や表計算やデータベースなどが問題で出ます。

 

パソコンに自信のある人はぜひ受けてみて下さい。

 

かなり勉強になりますよ。

 

そして合格すれば、企業のパソコンのリーダ的存在になれるでしょう。

 

国家資格なのでおススメです。

 

 

※まずは無料で資料請求しよう!

 

 

 

 

 

簿記2級

若い女性なら簿記3級でも評価されるかもしれません。

 

 

しかし、男性なら簿記2級が欲しいところです。

 

 

簿記3級より、少し難しいですが頑張って取得してください。

 

 

 

 

 

 

不動の人気の医療事務

 

最近になって超人気の医療事務です。

 

私も知らなかったんですが、医療事務って資格がある訳じゃないみたいですね。

 

?診療報酬請求事務能力認定試験

 

?医療保険士

 

?2級医療秘書実務能力認定試験

 

?医療事務OA実務能力認定試験

 

などなど医療系の各専門分やに分かれているみたいです。

 

あまりに人気の資格なので載せてみました・・・。

 

 

 

 

 

CADオペレーター

男性でも比較的採用されやすいお仕事に「CADオペレーター」というのがあります。

 

CADとはパソコンで図面を書くソフトです。

 

もちろん最初はCADの操作に戸惑うでしょう。

 

しかし、一度覚えてしまえば簡単なお仕事です。

 

しかも、建設・機械・電気などの多種に渡る業界から需要があります。

 

男性なら、一般事務より技術職の方が安定するのではないでしょうか。

 

CADオペって響きもカッコいいですね。

 

※CADの無料資料の請求はコチラです↓
アビバ

 

 

 

 

男性でも事務職の年収は300万以下!それより稼げるデスクワークの職業は?

 

男性は事務職転職やめた方がいい

 

 

男性でも何らかの事情で、事務職に転職希望する人は多くおられます。

 

 

しかし、問題はその年収です。

 

 

残念ながら、男性事務職の年収は低いと言わざるをえません。

 

 

未経験で一般事務なら、たぶん月額20万円、年収でボーナスを入れても300万行くか行かないかでしょう。

 

 

大都市か大手企業の事務職に入れれば、もう少し上がるかもしれませんが、世間一般の中小企業ではそんなものだと思います。

 

 

結局のところ、一般事務員って男性でも女性でもやれる仕事内容は変わらないんですよね。

 

 

なので私個人的には、男性が未経験で一般事務職への転職はおススメできません。

 

 

だって、男性なら家庭もあり、子供もあり、家のローンもあるでしょう。

 

 

やはり一家の大黒柱ですから、稼ぎは絶対に必要です。

 

 

でも、そもそもあなたは何故事務職を希望しているのでしょうか?。

 

 

何となく、現場のキツイ作業は嫌だ!、営業のストレスは耐えられない!、事務員なら休みが取れそう〜
みたいな感じではないでしょうか。

 

 

それなら事務職にこだわる必要はありません。

 

 

パソコンを使ったデスクワークを選べばいいんです。

 

 

男性のデスクワークで、おススメはCADオペレーターという職種です。

 

 

CADオペレーターとは、パソコンのCADというソフトを使って図面を書いていきます。

 

 

このCADオペの能力は大きく分けて二つ必要です。

 

 

給料の高い男性向きのデスクワークは

 

 

CADソフトを使いこなす能力

 

CADにもAUTOCADやJW−CADなどいろいろあります。

 

もちろん他にもCADソフトはたくさんありますが、覚えるならメジャーなソフトの方がいいでしょう。

 

ソフトは一度覚えてしまえば、技術は一生ものですし、ステップアップの転職にもつながります。

 

何だかんだ言っても、ド初心者がCADを初めて触っても一カ月くらいで何とか使えるようになるものですよ。
そんなに心配はいりません。

 

このソフトの使い方によって、図面作成のスピードが違ってきますから練習は必要ですけどね。

 

 

 

紙の図面を理解する能力

 

CADの仕事は、多業種にわたって需要があります。

 

例えば、建築、電気、機械などですね。

 

もちろん最初から初心者が、紙の図面を見ただけでは何のことか理解はできません。

 

まずはどの業界にしても、紙の図面に慣れることが必要です。

 

自分には専門的知識がないから、これはダメだな・・とあきらめる必要はありません。

 

基本、専門知識や学歴が無くてもCADオペは務まります。

 

図面を書けるように操作を覚えれば戦力になるのです。

 

しかし、もっと経験を積んで図面を深く理解できれば、収入にも還元されるでしょう。

 

 

 

CADオペレーターは一般事務と比べると、年収はかなり上になると思います。

 

 

一般事務は経験をいくら積んでも、お給料はそう上がることはありません。

 

 

しかし、CADオペレーターは技術のレベルによって、お給料も上がって来るので男性にもおススメ出来ます

 

 

 

※まずは無料で資料請求!CADオペの種類を知ろう!
アビバ

 

転職に迷ったら!ミイダス適正チェックは無料でPDFまでダウンロードできる!

 

転職前のチェック

 

 

誰しも転職するか今の会社にいた方が良いのか分からず悩む時があります。

 

 

 

個人的には転職するかしないかに関わらず、絶えず転職の情報は入れておいた方がいいと思います。

 

 

 

例えば転職サイトはもちろん、ハローワークの求人欄もチェックしておくことをおススメします。

 

 

 

大切なことは、今の自分がどれだけ社会的価値があるかということです。

 

 

 

社会的価値というと着飾った言い方かもしれませんが、分かりやすく言うと他の会社から自分の需要があるかということです。

 

 

 

それを知るには世間で出ている求人欄を見ることで、ある程度の情報を知ることが出来るでしょう。

 

 

 

やはり自分の商品価値は大きい方がいいはずです。

 

 

 

世間の会社の需要を知ることによって、自分に必要なスキルや資格を知って、よりスキルアップに努めることが出来るでしょう。

 

 

 

転職前のチェック

 

 

 

そこでおススメの転職サイトは「ミイダス」です。

 

 

 

転職前のチェック

 

 

 

転職サイトと言っても、もちろん転職しなければいけない訳ではありません。

 

 

 

こちらは無料でミイダス適正チェックができます。

 

 

転職前のチェック

 

 

転職前のチェック

 

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたに合った求人社数や年収を予想してくれます。

 

 

 

転職前のチェック

 

 

さらに、あなたに適正の高い職種やマネジメント資質、ストレス要因やあなたの強みまで客観的に評価してくれます。

 

 

 

それらネットだけでなく、PDFでダウンロードまでできちゃいます。

 

 

 

あとから、じっくり自分のデータを見直せるのはありがたいです。

 

 

 

そのくらいのボリュームがあります。

 

 

 

質問内容は簡単ですが、問題数は100問を超えるなど、まあまあボリュームがあります。

 

 

 

でも、これって信頼性の高いデータを作り出すには必要なことなんでしょうね。

 

 

 

勢いで退職しちゃったけど、転職活動すると全然次の職場が決まらない〜!なんてことがないように冷静に自分を分析してくださいね。

 

 

※自分の市場価値の無料診断はコチラ↓
面接確約

 

 

在職中の転職はコッソリと転職アドバイザーに相談すべき!

 

男性デスクワークに必要な資格

 

 

転職と言うと、大半の人がハローワークと求人サイトの情報を利用してますよね。

 

 

もちろんハローワークは最大級の求人数ですから利用しない手はありません。

 

 

しかし、もっとおススメしたいのが転職アドバイザーの活用です!。

 

 

転職アドバイザーと言うのは、あなたのスキルや希望条件を考慮して希望に合った会社を紹介してくれます。

 

 

もちろん全ての転職がうまく行くとは言えませんが、それでも転職のプロに話を聞いてもらうのはプラスになります。

 

 

 

男性転職に自信がない

 

 

「自分には、転職できるほどの技術やスキルなんてないよ・・・」

 

 

という方も多いと思います。

 

 

もちろん、それはそれでいいじゃないですか。

 

 

しかし行って相談してみれば、何か新しい発見やご縁があるかもしれません。

 

 

転職のプロに話を聞いてもらうだけで安心できるものですよ。

 

 

転職のプロに相談するメリットはこれだけあります!。

 

 

男性事務に必要な資格

 

 

あなたのキャリアを整理してくれる!

 

あなたの経歴を見て、転職のプロが総合的に判断してくれます。

 

自分の長所や短所などを整理して、今の市場と照らし合わせてアドバイスしてくれるでしょう。

 

 

 

あなたに合った仕事をアドバイスしてくれる!

 

あなたの経歴から、あなたの出来る仕事とやりたい仕事を照らし合わせながら仕事を探します。

 

自分のキャリアはこうだけど、実際はこんな仕事もしてみたいんですなんて意見も言ってみましょう。

 

もしかしたら、意外な転職先がみつかるかもしれませんよ。

 

 

 

応募書類の書き方や面接のコツを伝授してくれる!

 

人事の面接官は、あなたのキャリアだけと見ている訳ではありません。

 

履歴書の書き方や面接の受け答えも採用には大きく響きます。

 

こういうコツも転職のプロにアドバイスしてもらえると心強いですね。

 

 

 

 

転職アドバイザーの相談は何と言っても無料なのでおススメです。

 

 

※無料の転職アドバイザーはコチラです↓
転職サイトはDODA

 

 

 

 

 

 

 

在職中の転職方法は転職アドバイザーがおススメ

 

 

ご参考までに・・

 

 

私の転職体験談を聞いてください。

 

 

私は今から10年以上前にデスクワークがしたくて、ハローワークをメインに転職活動していました。

 

 

しかし、やはり男性のデスクワークは狭き門で面接を落とされまくりました。

 

 

幸い、宅建の資格があったので、ある不動産会社の宅建事務に転職することが出来ました。

 

 

しかし、そこは雰囲気の悪いブラック企業でした。

 

 

来る日も来る日も、会社を辞めたいと思っていましたが、転職に苦労した記憶があるので簡単に辞めることは出来ません。

 

 

そんな時に、ある会社から電話が入って来たのです。

 

 

相手は昔、私が転職活動をしていた頃に登録していた小さな派遣会社からです。

 

 

私は電話で、「家庭もあるので派遣社員はお断りします」と伝えました。

 

 

すると相手は、「正社員であなたの希望に合う会社があるので面接に行きませんか?」とのことです。

 

 

面接に行って話を聞いてみると、仕事内容も給料も今より上がるではありませんか。

 

 

それならと転職を早々に決めました。

 

 

今でも、その時に派遣会社には感謝しています。

 

 

やはり、どこにご縁があるか分からないなぁとホントに思いました。

 

 

やはり、転職は謙虚にいろんな人のアドバイスを受けた方がホントにいいと思いますよ。

 

 

いろんな人と話しているうちに、初対面の人と話すのに慣れて来るんですね。

 

 

※無料の転職アドバイザーはコチラです↓
転職サイトはDODA

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ