営業・事務職未経験者には宅建主任の資格がオススメ!

営業・事務職未経験者には宅建主任の資格がオススメ!

 

就職に有利な資格

 

まずは無料で資料の請求をしちゃおう!

 

 

宅建という資格の名前は誰しも一度は聞いたことがあるでしょう。

 

 

宅地建物取引主任者の略で「宅建」です。

 

 

宅建の資格を持っていて、優遇される業界は不動産業界です。

 

 

よく不動産の営業の人が持つ資格と勘違いする人が多いですが、宅建が優遇される仕事は営業だけではありません。

 

 

ハローワークや新聞広告の求人には時折、宅建事務という仕事があります。

 

 

私も以前、不動産の賃貸部で宅建事務をやっていました。

 

 

私は男ですが、営業向きの性格じゃないんですよね。

 

 

で、前の仕事が嫌になって事務系で仕事を探していました。

 

 

たまたま、宅建事務という求人を見かけて面接に行ったら、うまく合格出来ました!。

 

 

不動産の経験は全くないのにですよ・・(笑)。

 

 

大手の不動産屋の営業はほとんど宅建を持っていますが、街中の不動産屋ではまだ宅建を持ってない人が多いです。

 

 

そこが狙い目ですね。

 

就職に有利な資格

 

事務員と言っても宅建という資格手当てが付きますから、普通の事務員より給料はだいぶいいと思います。

 

 

でも、やはりさすがに簿記とかと比べると宅建は難しいですよ。

 

 

合格率は10%〜15%くらいじゃないでしょうか。

 

 

10人受けて1人か2人くらいしか合格しない計算ですね。

 

 

だからと言って諦める必要は全くありません。

 

 

合格率だけをみれば、難関ですが、この受験生は不動産に素人の人や主婦、学生が多いんです。

 

 

だからそんなに受験生のレベルが高いとは言えません。

 

 

いわば、普通の人ばかりですね。

 

 

大体、勉強時間の目安は半年とかってよく目にしますが、私は1年くらいをめどにした方がいいと思います。

 

 

 

何度も言いますが、普通の人にはまあまあ難しい試験ですよ。

 

 

 

それなりに勉強しなくては合格出来ません。

 

 

でも手が届く試験でもあります。

 

 

少し人生の時間を割いて勉強する価値は充分にある資格です。

 

 

あなたも長期計画で勉強してみませんか?。

 

 

まずは無料で資料の請求をしちゃおう!

 


ホーム RSS購読 サイトマップ